2018/10/19 11:58

こんにちわ!

【ツブツブ】を通して『思い通りに動けるカラダへ!』その《楽しさ・面白さ・気持ちよさ》を世界に伝えるプロ・アスレチックトレーナー:TM鈴木です。

まずは下の画像をご覧ください!

左はいわゆる①猫背ですが、右は一般的にいえば②良い姿勢です。
後者は「お腹/腰が頭上に伸びる!背中の絞りと胸が開く」と大雑把ではありますが、前者と体の使い方がまったく違います!
因みに姿勢を「良い」「悪い」と括ってしまうのは簡単ですが、実は一概にそうだとは言えません。
悪い姿勢だから良くないのか?といえばそうとも言えないからです。
そこでTM鈴木は(解剖学的に)「理想的な姿勢」と「そうでない姿勢」と呼んでいます。
しかしながら①はなんとなくですが、上から何かでプレスされて支える体幹の筋肉が弱くて潰されているようにみえませんか?
脊柱(背骨の配列)も“S”のカーブが強くなりすぎてお尻もおっこちてしまい決して良い!?感じにはみえませんね。
下っ腹が出っ張り(ぽっこりお腹!?)首と肩が背中のまるみと合わさって非常に疲れて、(同じ人なのに)不健康に見えて若若しくありません。
実は外見だけでなく、内面でも①は内臓が上から圧迫されて活動しにくい状況にあり、25ヶ所ある脊柱間の椎間板に余分な圧力(潰されている)がかかり、本来なら若い竹のように動くべき脊柱の動きを圧迫しているのです。
逆に②(右)はどうでしょう?

骨盤が前傾してお尻の位置があがり背中も反っているので、それだけでも若々しくみえますね!(^^)!
肩甲骨の絞り(左右の肩甲骨が脊柱に寄りながら斜め下方へ下がる)と骨盤からウエストにかけての引き締め感が高まるので、見た目でもシェイプしている感じが明らかです!(^^)!
内臓のスペースも確保され筋肉を含めた各々の組織の動きが活発になることでイメージ通りのような動きができるに違いありません!

この②のような姿勢に近づくためにはカラダ(&脳)に筋肉や腱・関節等への力の入れ具合を記憶させなくてはなりません。
そうした要望に大きな強みを発揮するのがTM鈴木おすすめの「背中で“のる”コンディショニング・ツール」【ツブツブ】です。
姿勢を改善するには一朝一夕にはいきませんが、ツブツブに“のる”ことで体と脳に②の姿勢に必要な筋の力加減を記憶させましょう!
少しずつですが着実にあなたの姿勢は変化し、動作感覚が変わる兆しが感じられるはずです!(^^)!
TM鈴木